室内用ミニトマトに取りかかっています。

2017-11-13
室内でもミニトマトはできるんですが、普通の鉢だと、そんなにたくさんとれないんですよね。

でも、冬の間は時間もあるので、あれば何かの足しになるっていう程度で今年もやってみることにしました。

室内栽培に向くのは、いわゆる矮性トマトと言われる品種で、去年は「ちびっこ」を育ててみたんですが、味的にはトマトっぽさが強いのかな?正直に言うと、他の品種があるならばあえて選ぶことはないかなと思ったのも事実です。

例えば、鑑賞目的を主体として、お客さんとかに見せながら、「食べることもできるよ!」みたいな話のネタにするのが向いているのかな、と個人的には思いました。

普通のミニトマトを室内の鉢植えで育てたもののほうが、数はとれないけれど、おいしいと思えるものでした。

ミニトマト、プリッツ
で、しばらく前にホームセンターで、プリッツなる種を売っていて、値段も安かったので買ってきたんですが、ネットで情報を調べると、味はイマイチかも。

でも、百聞は一見にしかず。まずはやってみましょう。

濡らしたキッチンペーパーで発根させてと。
発芽は良好

発芽率は良好。

セルトレイに種をまいて、

発芽
発芽しましたと。

これくらいの大きさになっています。
矮性トマトは順調

一方、普通のミニトマトは、去年は種から育てたんですが、今年は露地植えのミニトマトの茎を取ってきて、育てることにしました。

品種は「甘っこ」です。

水に浸してアブラムシを落とそうとしているところです。
ミニトマトのわき芽

で、水に挿しておいたんですが、

失敗っぽい
ありゃ、しおれてしまいました。

ダメっぽいということで、残ったわき芽を取ってきました。

もう失敗は許されません。

今度は、切り口もきれいに切って、バーミキュライトに挿しました。
ミニトマトの挿し枝に再チャレンジ

あ、そうだ、葉っぱも半分くらい切ってコンパクトにしておかないと。

6日後。
ミニトマトの挿し枝に再チャレンジ
まだ根は見えませんが、しおれていないので、大丈夫なんでしょうね。

アブラムシを取り切れなかったので、ちょくちょく観察して、ピンセットで取り除いています。


トラックバック:
トラックバック URL:
http://begegarden.blog.fc2.com/tb.php/1015-e4e66228

コメント:
おはようございます
面白そうな実験ですね。
僕は、トマトは夏しか出来ないと
頭から決めてかかってたんですが
もっと頭を柔らかくしたら
色んな発想が出来そう。
僕も冬トマト、やってみようかな?
ちょうど庭に勝手に生えてきたのが
あるので(#^.^#)
[2017/11/14 06:50] | showycricket #- | [edit]
こんばんは。
まあ、冬は外の作業がないぶん暇なので。
サンルームは割と日当たりが良くて暖かいので。

とか何とかやってる間に、意外とすぐに春の種まきの時期になっちゃうんですけどね。(笑)
[2017/11/14 22:36] | tate0708 #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>
にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村

趣味・ホビー本マニア
当ブログがおすすめリンクに紹介されています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ